ツアー体験のご感想

実地を踏む。これにまさるものはない。

沖縄戦、その始まりから終わりまでを見るツアー

旅から戻ってはや2か月半。コロナショックのさなか、期するところもあって、連日のように琉球・沖縄関連の文献を読みあさっています。
日本に生まれ、育ち、生活をいとなむ者が、とりわけ、歴史に関心を持ちつづける者が、琉球・沖縄を避けてとおることはできない。
そうは観念しながらも、琉球・沖縄は遠く、近寄り難く、歳月をおくほどに越えるべきハードルは高くなるばかり。
いまや年齢も喰ってしまったことだし、このまま逃げをきめこむこともアリかな……と思いはじめていた矢先、同窓の先輩方が旅に誘ってくださった。
思いきって出かけて、2日間の歴史ツアーを体験し、恩恵の大きさをしみじみ噛みしめています。ありがとうございました。
実地を踏むこと。まさしく、これにまさるものはない。
たとえば、米軍上陸直後に、読谷の住民たちがチビチリガマでこうむった惨禍と犠牲。帰阪後、わずかに数冊の本を読むにつけても、その場を訪ねたときのことが、つたない想像力や思考の力を助けてくれます。
嘉数台地や前田高地や八重瀬岳から眺めた、かつての激戦地。逃げまどう住民もろとも、あらゆるものを劫火にさらした島尻の平野の光景。日本軍の地下陣地となり倉庫となり、病院となって屍を山と積んだアブチラガマ……。
本来なら、しっかり予習をしていくのがいいにきまっていますが、逆もまたアリ。
「百聞は一見に如かず」の逆です。「一見は寡聞を何倍にも深くする」とでもいったらいいでしょうか。
めぐりあいの可能性を、あきらめないでよかった!
とはいいながら、読めば読むほど、知れば知るほど、いっそう琉球・沖縄は遠のいてゆく。それがいまの実感です。
け、れ、ど、あきらめません。コロナの障りがおさまればまた、きっと出かけて参ります。
(O.S.様 大阪市 女性)

あまりにも『知らなすぎた』

沖縄戦、その始まりから終わりまでを見るツアー

私はこのツアーを通して、自分の中の世界が大きく一変したように感じる。その理由は多くの事を学んだから、というのも勿論だが、より端的に言うなら自分があまりにも『知らなすぎた』からだ。
私は県外の人間だが、沖縄の歴史や問題に関して人並み以上の関心や知識を寄せているつもりでいた。今日のネット社会を中心に右傾化しつつある世の中において、自分は比較的良識のある部類の人間だと思っていたのだ。それのなんと浅はかだったことか。沖縄の歩んできた苦難の歴史をリアルに見聞きし、案内された今そう痛感するばかりだ。私は今までテレビ画面や新聞紙上で勝手に憤りや憂いを抱いていたに過ぎず、この戦跡ツアーを経た今、それらの感情は本当の意味で私の中で価値を持ったのだ。
アメリカ軍の上陸から幾度にも及ぶ激戦を経て、組織戦終結に至る全ての流れをそれぞれの土地にて、まさしくこれ以上ないほどの臨場感に富んだ説明を拝聴できた。それは単なる講義や説明にあらず。下地さんから、私達ツアー参加者のイメージへの訴えかけ、そして問いかけであるように私には思われた。それぞれの場所にて、その凄惨な出来事をまざまざと私達に感じさせつつも、どのように受け取りどのように考えるかは私達に委ねる。こうして参加者の主体を尊重し、尚且つどこまでもリアルに学べる平和学習は、絶対に教科書は勿論書物や写真からでは得られない学びだ。
このツアーで学んだ当時の沖縄の人々や日本軍の様子を一貫して見た時、私は当時の軍国主義や靖国信仰というものの恐ろしさを改めて思い知った。必ず敗北しその先に死が待ち構えていると分かっていながらも、生きようとする意思すらかなぐり捨てたかのように斬り込む日本兵。首里城まで敵陣が迫ったというのに、それでも尚、天皇のためにというお題目の下、無謀な集団自殺に住民を巻き込んだ軍司令部。彼等にとって天皇のために、御国の為に尽くして死ぬのは称えられるべき誉れなのだ。この狂気じみた思想は当時の日本全体を包み込んでおり、その「愛国」という巨大なストーリーの中に、一人一人の人生が粉微塵と化して取り込まれていた。人々から「生きたい」という原始的な欲求すら剥奪したこの巨大なストーリーが奪った生命の数はどれほどになるのか。
そして差別され、皇国臣民の名の下に日本軍に従わされた沖縄の人々は、文字通り全てを捧げて戦争に協力させられたのだ。彼等に対する日本軍の迫害と洗脳は教科書の沖縄戦には殆ど載っていないが、沖縄戦の住民の47%もの犠牲者はアメリカの一方的な蹂躙によって生まれたものだけではなく、日本軍が住民の命を顧みなかった結果だという事を多くの人は知るべきだ。
アメリカ兵に捕まれば嬲られて殺される、そして降伏や投降をすれば非国民として自分の家族が殺される。そんな考えが当たり前の状況下で戦火に晒された沖縄では、助かった筈の命の多くが失われた。捕まるくらいならと我が子や愛する者を刺し殺してまで集団死を選んだ人々の事を思うと、私は胸の奥がどうしようもなく詰まって言葉にならない。母親に我が子を手にかけさせるような、そんな悲劇を生む時代がどうして許されるのか。
そして恐ろしいことに、現代の日本人の多くはかつての沖縄の悼ましい犠牲も、そこから今に繋がる基地問題にも、真剣に受け止めてはいない。74年前、無辜の命が失われた意味をほとんど誰も本気で捉えていない。
今日においても平気で右翼的思想を唱え、靖國神社を崇める人々がいる事に、同じ現代に生きる日本人として本当に慙愧に堪えない。そんな日本人全体が今の安倍政権を許してしまっているのではないだろうか。
私はこの学習を心に刻んで生きていく。
(K.K.様 奈良県 男性)

沖縄をより深く理解できました。

沖縄戦、その始まりから終わりまでを見るツアー

中部編と南部編の二日間連続のツアーに参加いたしました。戦争の傷跡の残る沖縄をより深く理解できました。戦時中の沖縄県民の方々の悲劇を学ぶと同時に、今もなお続く基地負担の問題の深刻さも実感いたしました。大変貴重な経験でした。現在の沖縄の抱える問題や不戦の決意をどうかたくさんの若い世代に伝えていってくださればと願っております。このツアーに参加をして大変貴重な勉強をさせて頂きました。ありがとうございました。
(K.K.様 三重県 男性)

心に深く重く湧き上がってくる感情

沖縄戦、その始まりから終わりまでを見るツアー

下地さんのツアーに参加してから4日がたとうとしています。日を重ねるごとに心に深く重く湧き上がってくる感情。それは「ありったけの地獄」を見た沖縄の人たちと沖縄の地が受けたあまりにもむごい現実が、下地さんの言葉と用意してくださった資料、そして実際に自分がその場に立った経験を通して私の目に心にフラッシュバックのように浮かんでくるからです。
初めて訪れたチビチリガマ、そしてその後に行ったシムクガマ。避難していた住民が米兵が現れ投降を呼びかけられたけれども自身と家族を手にかけ集団死が起きたチビチリガマと、「米軍は住民を殺さない」と避難民を説得し、米兵との交渉に出ていった比嘉さん兄弟の行動で約1000人の命が救われたシムクガマと、その違いは何だったのか?下地さんは私達に問いかけ、頭と胸を指さしました。「正しい、本当の知識・情報」と「勇気」。その答えが胸にずしんと響きます。誤った情報を信じ込むことの恐ろしさ(米軍に捕まれば虐殺されると信じ込まされていた)、違う文化を持つ人の感じ方や価値観を理解すること、自分や家族、友人の命を守るという勇気。一つ一つを胸に刻みたいと思います。
続いて訪れた嘉手納基地で、まさに耳をつんざくような轟音とその音よりも速く飛ぶ戦闘機を至近距離で見ました。初めて体感するこの感覚。恐怖で震撼するほどでした。地図を見せて頂くと普天間基地よりはるかに大きな嘉手納基地の規模に驚きました。「中国への抑止力と政府は言うが抑止力ならこの嘉手納基地で十分。普天間基地がなぜ必要なのか。私達はすべてを拒否しているわけではなく実際に嘉手納基地を受け入れている。普天間基地は1996年に米軍から返還されることで合意は成立しているのにいまだこの状態。返還を求めることは私達のわがままですか?」。下地さんの言葉に絶対にそうではない!と言いたいのに言えない自分がいました。同じ日本に生きながらこの事実をよく認識していなかった自分が恥ずかしく申しわけなかったのです。「一部の本土の人、日本政府には、DNAレベルでの沖縄の人間に対する差別意識があるように思えてならない。」そう言った下地さんの悲しくやりきれない瞳に返す言葉がありませんでした。
ツアーのコースが米軍上陸地の読谷村の海岸から北谷町、嘉数高地、前田高地、そして首里へと向かうなかで、筆舌につくしがたい戦闘の様子があきらかにされていきます。中でも衝撃だったのは鉄血謹皇隊と呼ばれていた15歳から19歳の学徒たちがアメリカ軍の戦車に爆弾を背負って体当たりしたという事実です。戦車の車体は装甲が厚く普通の爆弾ではびくともしないため、キャタピラーを狙い、轢かれるように突撃して戦車を動けなくする。想像を絶する戦略が当たり前のように行われる。それが戦争なのだと改めて思わされました。兵士となった人が、そこに暮らしていた人々が、悲惨な死を遂げたのは何のためだったのか。「軍隊が沖縄に来たのは人々を守るためではないのです。」下地さんの言葉にはっとしました。徹底した皇国主義と教育、それに加え他人と違うことをするのを恐れる日本人の気質など、それらは軍部にとっては人々を戦争に向かわせるのに好都合だったのでしょう。当時、アメリカ軍の戦力は日本軍を圧倒しており(米軍約55万人、日本軍約10万人。武器の量や性能を合わせた戦力の差は10倍以上だった)、その事実を日本の中枢部は知らないはずがなかったとのお話に、死を覚悟して戦地に向かった人たちの思いを今自分はどれだけ想像できているだろうかと自問せずにはいられませんでした。
岩手県花巻市出身の私の祖父は1945年(昭和20年)5月21日 首里東北部で戦死(当時42歳)したと母から聞いています。祖母が晩年書き残したものに、「主人は沖縄行きの途中(1944年8月)、広島を出発するにあたり私への遺言として『信仰に立つものとして(祖父と祖母はクリスチャンでした)主なる神のみこころに叶う処置を執るように』との一筆を受け取った。」と書いています。沖縄に向かう時にはすでに祖父は生きて家族のもとに帰るのは難しいと覚悟して手紙を書いていた。この事実に胸が締めつけられるのは今回このツアーに参加して、祖父が見たかもしれない景色を見、歩いたかもしれない地をたどることができたからです。貴重な体験を、考えるきっかけを、そして沖縄戦について知らなかった多くのことを教えてくださった下地さんに心から感謝しています。
(K.S.様 神奈川県 女性)

本当に濃い2日間でした。

沖縄戦、その始まりから終わりまでを見るツアー

本当に濃い2日間でした。沖縄戦の最初から終わりまで、しっかり向き合うことができました。秋田に帰ったらいろいろな人に話しをし、後世に伝えていきたいです。子ども(将来できたら)もぜひこのツアーに参加してほしいと思うくらい良かったです。それまでどうかお元気でこの歴史を伝えてほしいです。本当にありがとうございました。
(K.M.様 秋田県 女性)

自分の考えを知り、改める機会

沖縄戦、その始まりから終わりまでを見るツアー

先日のツアーでは、ひとつひとつの場所や出来事を丁寧に説明していただき、得るものが大変多い二日間でした。
一緒に回っていただいた沖縄は本当に美しく、青い海や空、夢のような場所で74年前に起きた惨劇と、今沖縄が抱える基地の問題で胸がいっぱいになりました。このツアーは”頭で考えさせられる”というより、目の前で、肌で感じられることがぐいぐい迫ってくるようなツアーでした。
下地さんがクリアファイルを何冊も持ち歩いて、当時の写真が撮られた場所に行って今と見比らべたり、具体的なグラフや資料をその場で見せていただき、説明がとても分かり易かったです。また、駐在米軍の住宅街や沖縄戦の場所など行けるところは限界まで案内してくださり、絶対に自力では行けなかった場所ばかりでした。
些細な質問にも様々な知識で応えてくれ、ショックや情報量の多さで内容の半分しか消化できなかった私に、「自分の説明も間違いがあるかもしれない。目の前にあるものを実際に見て、自分で考えればいい」と言ってくれました。
このツアーを通し、沖縄の現在と過去をじかに見て、自分が「今まで知らずにいて、想像もしてこなかった」という事実を突き付けられました。また、中立だと思っていた自分の知識がTVの報道やネットで偏り、「現実と違うこと」をどれだけ含んでいたか気付かされました。
そしてツアーの最後に思ったことは、「やっぱり戦争はいらない」ということです。今まで事情や原因があれば、戦争という手段もしかたがないと思っていました(そう思っていた自分に気が付きました)。しかし、沖縄戦や米軍基地を見て、どれだけ人が傷つくか、命や暮らし、文化が壊されたか知って、戦争で得られるものなど1ミリもないと思いました。それは、目の前で事実を体験できたからです。日本本土で、TVや本を読んだり、家でくつろぎながら戦争を知っても、犠牲は自分の想像の範囲でしか考えられず、利益のことに目がいってしまいます。しかし、実際に戦う人、そこの住民には利益はなく苦しみばかりなのだと思いました。
沖縄を通して自分の考えを知り、改める機会になりました。
最後に、暑いなか丁寧に説明や案内をしてくださり、本当に有難うございました。
(S.T.様 愛知県 女性)

 

沖縄に行くと日本がよく見える

沖縄の負担を見るツアー

今回は辺野古の地元の町並みをこの目で見て下地さんのお話を聞いて、問題の複雑さが実感できました。ゲートで活動してられる方と少しお話できたのも良かったです。その方は冷静に活動されていて、気にしてもらえるだけでいいと言って下さって、ちょっと涙ぐんでしまいました。基地巡りは有意義でした。下地さんが何度もおっしゃった、広々とした基地の敷地内と周りのぎゅうぎゅうの住宅地との対比、目に焼き付いています。返還されても無意味な土地、危険で浄化しないとすぐには使えない土地等々、沖縄の負担の大きさを垣間見る事ができました。佐古監督が筑紫哲也氏に言われたという「沖縄に行くと日本がよく見える。この国の矛盾がいっぱい詰まっている。」という言葉を思い出しました。
(S.T.様 神奈川県 女性)

It made me reflect and value life more.

沖縄戦、その始まりから終わりまでを見るツアー

First of all, I would like to thank you for the wonderful experience you gave us in Okinawa. Those two days spent going to the places where actual events of the war occurred was an eyeopener and a life changing experience for me. It made me reflect and value life more. The idea that the war happened recently and being born a few years later would have been the difference of going through experiences that no human being should go through was shocking. Especially what the women, the children and what the civilian went through.
This was the first history of Japan I ever learned. In a way, it made me proud to be a Japanese seeing how the Japanese fought in that circumstance. It made everything I am going through now seem like nothing. The biggest lesson I learned was that with a little confidence and knowledge to save lives. What’s more, is the long-lasting effects of war and how although it is over it still affects the lives of the people today, and we get distracted by other stuff and forget the important and valuable things such as the Okinawan war, this is reflected in the current political situation of Japan. I believe that this is a story that should be integrated into the Japanese education system as you said.
With all this in mind. Starting this October I have decided to start working for an organization called ICAN. ICAN is an organization that helps children in countries that have civil war such as the Philippines and Yemen. Listening and experiencing what happened in Okinawa has given me the confidence and the will to make a difference. With the knowledge, I gained I hope to be able to help as many people as I can and to pass on the knowledge gained from the tour to as many people as I can.
(S. Arashi Philippines male)

we should never forget

沖縄戦、その始まりから終わりまでを見るツアー

The Okinawa tour led by Mr. Shimoji was indeed a very insightful and a fun learning experience. The details about the battle of Okinawa was explained thoroughly yet in a simple manner where in everyone would be able to understand. It was a plus that Mr. Shimoji would bring us to the actual place where the event took place and would also show actual pictures taken by the American soldiers at that time. We went to several caves which were then hideouts for Japanese civilians and some which stood as hospitals for the wounded soldiers. One more thing that was nice about this tour was that the stories shared to us shed light to civilians who played a big role during the battle of okinawa, these people whose efforts are not acknowledged or known to many. These are only few out of the many highlights of this 2 day tour.
As a person who barely has knowledge about topics such as this, I highly recommend this tour, it recalls the hardships and tragedies that happened in this very soil of Okinawa, as well as the continuous fight of both the Japanese and Americans to bring pride and joy to their motherland. Nevertheless , it teaches us a segment in history that we should never forget.
(Kika S. Philippines female)

Everybody should consider participating

沖縄戦、その始まりから終わりまでを見るツアー

This tour about the war in Okinawa was a really eye opening experience, hearing about the things that happened during the war was haunting, yet it filled me with knowledge on what truly transpired within that lovely island. The contents of the tour is not widely known to most Japanese people for it is not taught in their educational system and reading books and watching movies or documentaries provides background, but nothing sheds more light on these bloodiest of battles than visiting the sites. The tour took two days, and we went around visiting major sites whilst receiving detailed disclosure of facts and entertaining storytelling which kept me interested every second, our expert guide gave us context to the sights both major and lesser known . no trip to Okinawa would be complete without learning a thing or two about the history of the place, Everybody should consider participating in this tour.
(Bilig S. Philippines male)